女性におすすめのクレジットカードはコレ!!

今、クレジットカード業界が最も大切にしているのが女性の会員です。

トレンドに敏感で、ショッピングの機会も多い女性たちを取り込もうと、カードを発行する各社はさまざまな戦略を巡らせ、女性に有利な特典やサービスを次々と充実させています。

ショッピングやグルメ、エステ、旅行など、女性がクレジットカードを使うシーンはさまざまでカードを持つ動機も、「日用品を安く買いたい」「タダで海外旅行に行きたい」など多彩です。

ご自分の目標や目的が無理なく達成できるように、生活スタイルにふさわしいお得なカードを選びましょう。

クレジットカードにとって女性顧客の獲得は利用範囲を広めるために有効な手段なのです

女性顧客獲得のために展開しているのが「女性限定の保険サービス」です。

女性特有の病気についてサポートしたり、犯罪や事件に巻き込まれた場合の補償をすることで女性だからこその不安を和らげてくれます。

JCB LINDAには、ひったくりなどの犯罪被害補償や子宮がんや卵巣がんなどとの女性向けのがん保険が受けられる「お守リンダ」があります。

女性におすすめのクレジットカードを紹介

各カードの特典を知ることによって「女性にとっては女性限定クレジットカードを作った方が断然有料!」と納得できるでしょう。

ここで掲載しているカードは下記サイトを参考に選出しています。

参考:おすすめのクレジットカード辞典!作って使って最高のクレカを探せ

楽天が発行する「楽天PINKカード」

  • 楽天を頻繁に利用する人
  • サービスの内容を自分なりにカスタムしたい人

におすすめです。

  • 年会費:無料
  • 申込資格:18歳以上
  • 主な特典
    • 楽天市場で使うと還元率3%
    • 楽天加盟店で使うと還元率2~3%
    • 楽天グループ優待サービス(月額324円)
    • ライフスタイル応援サービス(月額324円)
    • 楽天PINKサポート(月額220330円の数プランあり。組み合わせの加入もOK
    • 海外旅行保険の付帯(最大2,000万円)

楽天市場で商品を購入した場合の還元率3%、加盟店での使用で還元率2~3%は、楽天ユーザーであればお得なポイントです。

楽天PINKカードは年会費は無料ですが、加入すると楽天グループの店舗・サイトの商品の購入や関連施設の予約が、100〜1,000円OFFや5〜20%OFFになる「楽天グループ優待サービス」があります。

関連施設で使用すると映画館料金が300円OFFになったり、カラオケ料金が5〜30%OFFになったりする「ライフスタイル応援サービス」などがあり「自分に必要なサービスを組み合わせて選ぶことができる」のも大きな魅力です。

楽天市場や加盟店を頻繁に利用していれば、ぜひ作っておきたいカードです。

入会でポイントがもらえる!

JCBが発行する「JCB LINDA」

  • おしゃれなデザインのカードが欲しい人
  • 女性特有の病気や怪我、犯罪被害が心配な人

におすすめです。

  • 年会費:無料(データ維持費として別途100円(月/税抜き)が必要)
  • 申込資格:18歳以上
  • 主な特典
    • 毎月会員限定のプレゼント応募キャンペーン
    • 年間利用額が50万円以上はポイント2倍、100万円以上は3倍
    • 女性向け保険「お守りンダ」(月額30390円。補償内容によってプランが異なる)
    • 7種類の中から選べるおしゃれなデザイン

補償の範囲はプランによって異なるため、自分が必要だと思うプランを選ぶようにしてください。

デザインは7種類の中から選べるため、自分の好みに合ったものを見つけることができます。

信頼のブランドとして地位を確立している三井住友が発行する「三井住友VISAアミティエカード」

  • ショッピングが大好きな人
  • 国内・国外問わずによく旅行に行く人

におすすめです。

  • 年会費:1,250円(税抜き、初年度無料)
  • 申込資格:18歳以上
  • 主な特典
    • ショッピング補償(最大100万円)
    • 海外・国内旅行傷害保険(最大2,500万円)
    • ケータイとPHSの利用料のポイント2倍
    • 24時間対応の盗難・紛失サポート

三井住友VISAアミティエカードにはカードで購入した商品が壊れた場合や盗まれた場合、最大で100万円の補償が受けられるショッピングが好きな人には魅力的な特典があります。

国内・海外問わず保険が付帯されており、金額は最大で2,500万円という手厚さです。

ショッピング好きや旅行好きの人にはイチ押しの女性限定カードと言えます。

女性がクレジットカードを持つときに気を付けるところなど

クレジットカードは大変便利なツール・仕組みですが、使い方を工夫しないとまたたく間にお金を浪費します。

「利用は計画的に行う」のはクレジットカードを使う大前提です。

特にリボ払いの場合は支払いが先延ばしになるため返済期間が長引く傾向にあり、金額がかさんで返済が延びるほど手数料も高くなるため「気がついたら膨大な額の負債に膨れ上がっていた」ことも珍しくありません。

クレジットカードを使う上での注意点を念頭に置いて日頃から意識してカードを使いましょう。

クレジットカードには「自分が支払える額だけ使う」という大前提があります。

「支払いするのがその日ではなく、後日」というクレジットカードの特徴は「買い物をしてもお金が減ってない」という錯覚を起こしてしまいがちです。

クレジットカード会社ごとに違う「締め日」と「支払日」を把握し、使い過ぎないようにしましょう。

また分割払いは便利な仕組みですが、手数料がかかるため一括払いが一番お得です。

クレジットカードを利用する場合は「できる限り一括で」という基本は常に意識しましょう。

クレジットカードには、一括、分割、ボーナス一括などいくつかの支払い方法がありますが、特に避けたいのが「リボ払い」です。

「毎月の支払額を一定にする支払い方法」ですが、年間の金利手数料は15%前後とかなり高めに設定されリボ払いを多用し過ぎると手数料の上乗せで返済が長期化するだけでなく、支払い金額は一定なため金銭感覚が狂いやすいデメリットがあります。

短期間で前倒し返済すれば手数料はある程度抑えることができますが、リボ払い自体極力避けるようにしてください

クレジットカードを利用する前に想定しておきたいのが、盗難や紛失、不正利用されたときのことです。クレジットカードは各種セキュリティが整っているものの、100%安全とは言い切れません。どんなサービスや仕組みでも同様です。

クレジットカードを紛失もしくは盗難した場合は、

  • カード会社に連絡し、カードの利用を停止してもらう
  • 再発行の手続きを行う

といった順序を踏むようにしましょう。また身に覚えのない出金があるなど不正利用が疑われるときは、

  • カード会社へ連絡し、調査してもらう(不正利用の疑いがあると判断された場合は利用停止)
  • 警察に届け出する

という手続きをとりましょう。不正利用されたときに気をつけたいのが、 補償は不正利用のあった日から60日を超えると受けられない」点です。

また不正利用が自身の過失(例:わかりやすい暗証番号)、家族による不正使用だった場合は補償が受けられないこともあります。

その他にも、

  • 暗証番号はわかりやすいものは避ける(例:連番、誕生日、車のナンバー)
  • データの抜き取りがしにくい、ICカードタイプのものを使う

といった対策を予めとっておき、万一のときに備え不正利用のリスクを最小限に抑えましょう

まとめ

カード会社によって多少の違いはあるものの、女性限定のクレジットカードには、さまざまなメリットが付帯しています。

ただ、クレジットカードは便利なツールである一方、その使い方には注意が必要です。

万一のときに備えるのはもちろん、支払いは計画的に行う、リボ払いは極力避けるなど、賢く使いましょう。